症例

子供の頭痛にブルジンスキー徴候

更新日:

 

11月になり風邪が流行る季節になってきました。

先日、子供の熱が急に出て頭痛を訴えました。

つい1週間前にも喉が痛くて、鼻水が出るというので近所のクリニックに連れて行き、薬の処方を受けて良くなったばかりでした。

幼稚園に行っているので、そこで病気をもらってきているのでしょう。

鼻水をすごい出している子供を保育園に連れてきているお母さんもいます。

(仕事に行かなくてはいけないのでしょうがないでしょうが、他の子に風邪が感染ってしまいます)

うちの子が頭痛を訴えることは今までほとんどありませんでした。

食事をすると、口の中が痛いと言います。

口の中を見ると口内炎ができていました。

私自身はただの口内炎と思っていましたが、親戚の小児科医に聞くとヘルペス性の口内炎らしいです。

夏に風邪をひいた時にも口内炎ができていて、近所のクリニックでステロイドの塗り薬の処方を受けていました。

この薬を塗っていることを親戚の小児科医に言うと、

「悪くなることはあっても、良くはならない」

と言われてしまいました。

ヘルペスウィルスが収まらなければ治らないと言うのです。

ヘルペスと聞くと、口唇ヘルペスや帯状疱疹が思い浮かびますが、子供の場合にはヘルペス脳炎なんかの可能性もあるかもと心配になりました。

調べていると、頭痛や発熱の他に意識障害が書かれていました。

先日の晩にも急に起き上がり泣き喚くといったことがありました。

夜驚症とは違う感じです。

髄膜症状のことも書かれていたので、Brudzinski's signをしてみました。

頭を他動的に屈曲させた時に、股関節と膝が屈曲するかを見るテストです。

髄膜に炎症があると股関節と膝が屈曲します。

その他にも、頚部の硬直を見たり、自動で頚部を屈曲させて下顎が胸につくかを見るテストがあります。

子供は頭を持ち上げると頭が痛いと言うものの、脚は動きませんでした。

どうやら私の考えすぎだったようです。

一晩寝たら頭痛が解消し、元気になってくれました。

口内炎も野菜の摂取が足らないのかと不安になりましたが、ヘルペスが原因と分かりちょっとホッとしました。

 

-症例

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.