症例

筋膜の繋がり調整

更新日:

 

往診で対応した患者さんです。

50代女性で、事務の仕事をしていて肩が痛くなったのと、園芸をしていてその時に左母指球が痛くなったということでした。

患者さんは整骨院で治療を受けていたらしいのですが、そこでの治療が合わないという事でクイックマッサージなども受けていたらしいのですが、どうも効果がないらしいのです。

整骨院では20分近く電気治療を受け、30分施術をしてもらい治療費が500円と言っていたので、破格の値段で治療を受けていたみたいでした。

良心的な金額だったが治療の効果が無かったのが残念です。

クイックマッサージに関しては素人の治療だったと言っていたので問題外でした。

 

問診

患者さんにまずどこが痛いのか聞くと、母指球から前腕と来て胸を触っていたので『深前腕線』の障害である事がすぐに分かりました。

肩こりや足の疲れもあると言うので全身を治療することにしました。

 

治療

母指球を触ると硬い硬結がありましたので、そこを丁寧に押圧して筋膜の柔軟性が出るようにストレッチを加えて施術すると柔らかさがすぐに出て来ました。

前腕は屈筋、伸筋を治療し内・外側上顆炎で治療効果のある上腕部を揉捏法で治療すると、そこもすぐに反応があり、胸部を治療し終わった頃には患者さん自身もびっくりする位に効果が出ました。

腕の痛みが軽くなると今度は肩の痛みを訴えて来られました。

肩を後ろに回そうとすると痛いと言うので、インターナルインピンジメントのようなものが起こっているのか試しに棘下筋のストレッチをしてみました。

身体が少々肥えていたので施術が難しかったですが、これも直後効果が出てくれて、肩が急激に軽くなったと喜んでくれました。

後は、腰と下肢を普段するように施術して終えました。

 

思ったこと

患者さんは、「普段と全然違う治療が受けれて良かった」と喜んで頂けました。

整骨院選びが難しく、人から良いと聞けば遠くてもそこに時間を掛けて通っていたと言っていました。

整骨院を選ぶのはホームページや店構え、広告では無いと言う貴重な意見を聞き、患者さん1人1人を大事にしなくてはいけないと改めて感じました。

患者さんを増やすにはやはり口コミが一番です。

ただ、エキテンや整骨院がホームページで挙げている評価も口コミのようなものです。

実際にそれを信じて治療を受けられる方が大勢いらっしゃるので、整骨院側も嘘偽りがないようにして欲しいものです。

 

-症例

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.