「肩・肘・手」 一覧

ばね指のストレッチ療法

2019/10/06   -肩・肘・手

このストレッチ法の発表は2015年の「手の外科学会」であったみたいです。 今が2019年なのでちょっと古い情報ですが、私は最近知りました。 『とくなが法』 と呼ばれるストレッチ法で、ばね指で原因となっ ...

サイレント・マニュピレーション

2018/10/20   -肩・肘・手

  先日、80歳代の患者さんで、ほんの数年前に腱板断裂をしたので手術をしたという方がおられました。 その年齢で手術治療を選択されたことに驚きました。 手術後にはお決まりの関節拘縮が起こってし ...

第5中手骨頚部骨折

2018/05/24   -肩・肘・手

現代病?「第5中手骨頚部骨折」 壁や床を殴ったり、喧嘩で発生することが多いです。 別名「ボクサー骨折」と呼ばれているみたいですが、本当にボクサーが怪我をするようなことは無いようです。 (別の疾患でこら ...

ブシャール結節とは

2018/05/21   -肩・肘・手

  Bouchardブシャール結節は臨床上よく目にしました。 手指PIP関節に起こる一次性変形性関節症です。 Heberdenへバーデン結節はBouchard結節より多く見られますが、機能的 ...

De Quervain(ドケルバン)病の病態

2018/05/21   -肩・肘・手

  ドケルバン病は腱鞘炎の中ではバネ指に次いで有名です。 整形外科勤務時代にはたくさんの患者さんの対応をしました。   整形外科での治療法 当時、患者さんは初診時に医師の先生から注 ...

前骨間神経麻痺

2018/05/21   -神経, 肩・肘・手

  正中神経麻痺には主要なものとして、手根管症候群と回内筋症候群、そしてこの前骨間神経麻痺があります。 この3つの疾患を頭の中で整理できていないと、整合性に合わないことが出てきた時に患者さん ...

後骨間神経麻痺

2018/05/21   -神経, 肩・肘・手

  整形外科に勤務してすぐの頃には、後骨間神経麻痺と橈骨神経麻痺の鑑別すらに苦労しました。 今考えればそんなの簡単と思いますが、当時はすごく難しいもののように感じていました。 患者に痺れや知 ...

橈骨神経管症候群

2018/05/21   -神経, 肩・肘・手

  この疾患は、なかなか診断を受けることはないと思います。 認識が薄いことと、上腕骨外側上顆炎との鑑別が非常に難しいからです。 私自身も、上腕骨外側上顆炎の勉強をした際に、初めてこの疾患につ ...

肩関節窩の離断性骨軟骨炎

2018/05/21   -肩・肘・手

  肘関節や膝、足での離断性骨軟骨炎は頻度的に多いですが、 肩関節窩の離断性骨軟骨炎は稀だと思います。 8年間の整形外科臨床経験でも、遭遇した事はありません。 肩関節の勉強会に行かれた先生か ...

月状三角間靭帯損傷

2018/05/21   -肩・肘・手

  月状三角間靭帯の損傷は、TFCC損傷に合併して起こることがあります。 整形外科での臨床経験で、1例この疾患を疑った患者さんがいました。 MRIでの描出も難しく、確定とまではいかなかったの ...

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.