経営

接骨院の青色申告④

更新日:

 

国税庁の確定申告コーナーでデーターを打ち込んでいましたら、途中でのデーター保存ができませんでした。

スペックがHigh Sierraのままだったのがいけなかったのでしょうか?

OSをMojave、バージョン10.14に変更しました。

このままだったら実家のwindowsを借りてやらなくてはいけないのかも、と焦りましたがこの変更で解決できました。

Macの不具合が多いように思います。

これだけMacユーザーが増えているので、国税庁は対策をしっかりして欲しいものです。

 

接骨院で備品の購入仕訳

治療所に置いておく現金は、窓口のお釣りとその予備のお金です。

それ以上のお金は置きたくありません。

では、日々の備品の購入はどうするのか?という話になります。

もちろんお金は出しますが、私(事業主)から出ます。

【例】

1580円の格安の松葉杖を買ったとします。

通常の処理をしますが、このままではお金は出っ放しです。

そこで私(事業主)が接骨院にお金を補充しておきます。

開業費償却の手口です。

借方貸方
日付勘定科目金額勘定科目金額摘要
○月△日現金1580事業主借1580松葉杖代金

で接骨院の財布にお金が入りました。

そこから

借方貸方
日付勘定科目金額勘定科目金額摘要
○月△日雑費1580現金1580松葉杖

1580円を使って購入です。

これで接骨院にはお金は入って出ていったのでプラスマイナス0となります。

貸借対照表で接骨院にある現金は、窓口のお釣りとその予備のお金のみとなります。

では私(事業主)のお金が出て行ったきりにならないか?

となりますが、貸借対照表で「事業主借」でしっかり負債になるはずです。

-経営

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.