その他

SAPHO症侯群

更新日:

 

整形外科勤務時に数人の患者さんがこの疾患で来られていました。

整形外科なので患者さんは当然身体の不調で来院されます。

院長先生が問診からこの疾患を疑って

「手と足の裏を見せて」

というと患者さんは「なんで?」って顔をします。

身体の不調となんの関係があるのか?

「汚いから見せたくない」と言います。

そうなると、もうこの疾患がほぼ確定的です。

患者さんは手と足の裏に皮膚病変を持っていて、それが身体の不調と関わりがある事に驚くことになります。

 

SAPHO症侯群とは

原因不明の皮膚病変と骨関節病変を呈する症侯群です。

・Synovitis (滑膜炎)

・Acne (座瘡)

・Pustulosis (膿疱症)

・Hyperostosis (骨化症)

・Osteitis (骨炎)

この5つを特徴として、頭文字をとってこの名前がついています。

 

掌蹠膿疱症について

掌・足底に無菌性で多数の膿疱がほぼ両側性に出現し、これらは寛解や増悪を繰り返します。原因は明らかになっていません。

【説1】
慢性扁桃炎・虫歯や歯肉炎などの病巣感染や歯科用金属・アクセサリーなどによる金属アレルギーとの関連

【説2】
ビタミンの一種であるビオチン不足や喫煙などとの関連

 

掌蹠膿疱症性骨関節炎(PAO)

 

症状

主訴として前胸部に腫脹や疼痛を訴えます。(増悪時には発赤や熱感、圧痛なども発生します)

前胸部病変以外にも、腰背部痛や脊椎、末梢関節にも腫脹や疼痛がみられることがあります。

 

外観

前胸部膨隆、疼痛緩和のためにいかり肩を呈することがあります。

 

診断

特異的な検査所見はみられず、診断は臨床症状と画像所見になります。

血液検査では、CRP抗体の上昇、赤沈亢進、リウマトイド因子・HLA-B27陰性などを呈します。

骨シンチでは、単純X線像に変化がない場合でも高率に集積がみられ、早期診断と病変部位の特定に有用です。

X-p所見では、前胸部に骨増殖像、骨棘形成、骨肥厚などが見られます。

脊椎部においては、胸腰椎移行部から上位腰椎に病変がみられ椎間板炎様を呈し、水平方向へ骨棘を形成し上下が癒合しアーチ状となります。

胸肋鎖病変は7090%と一番高く、次いで仙腸関節に1352%、脊椎に 33%、四肢の骨格に30%、扁平骨に10%とされていています。

 

治療

病因不明のため対処療法がなされます。

骨関節症状に対しては非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が多く用いられ、掌蹠膿疱症の皮膚病変に対しては、ビオチンが多く用いられます。

院長先生はリウマチの薬を処方されたりしました。

 

-その他

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.