経営

macユーザーのeTAXで送信時に「HJS0407E」エラーが出た時の対処

更新日:

私のパソコンスペック

家にあるパソコンは昨年2017に購入したiMac 21.5inchでLate 2015です。

macOSはhigh sierraバージョン10.13.1です。

 

初めての確定申告

昨年2017年の8月末で仕事を辞めたので、年末調整を自分でしなくてはいけません。

そこで、

還付申告をetaxでする事にしました。

人生で初めての確定申告です。

2017年の11月にマイナンバーカードの取得手続きをし、12月に取得できましたが、結構時間かかりました。

(市役所でマイナンバーカードをもらう時に暗証番号を設定しますので、くれぐれも忘れないように。確定申告で使います。)

カードリーダーもmacで使えるものを調べて購入しました。

あとは、他のサイトなどを見ながら手順通りに手続きを進めていきます。

内容は割愛させて頂きます。

ここまでは普通にできると思います。

生命、介護、地震保険控除なども分からないながらも進めれます。

そして、すべての入力が終わり、

いざ送信!

すると、

メッセージ表示

HJS0407E

ICカードを認識できませんでした。

ICカードリーダライタの設定等をご確認の上、再度処理して下さい

と出ます。

このエラーに対して

国税庁が指示するとおりの作業をしても

どうしようもありません。

1日がかりで何やらしましたが、

結局は

・利用者クライアントソフトの再インストール

・カードリーダードライバーの再インストール

・ルート証明書の再インストール

は関係なかったです。

ここに原因があると書いてあるサイトがあまりにも多かったです。

 

どこが悪かったのか?

原因は

JAVAとSafariの設定です。

いくつかのサイトではfirefoxでやるとうまくいくみたいなことが書かれていたりしましたが、その方法は選択しませんでした。

まず、

Safariの[環境設定]で、

 

[webサイト]の左下[プラグイン]に、

[Java]があるので選択して

”keisan.nta.go.jp”

があるのを確認しましょう。

ポップアップメニュー(プルダウンメニュー)があり、

[オン]になっていますが、

 

ここで

Optionキーを押しながら[オフ]をクリックすると、

またメニューが出てきますので、

[安全なモードで実行]

のチェックを外すようにします。

メニューは[オン]

にしておいて下さい。

 

画面は

 

となるはずです。

これで、

私はすぐにe-taxのサイトに戻って送信を押してみましたが、その時はダメでした。

しかし、一旦パソコンを再起動をさせてみたら送信ができました。

 

macの人はこの設定で送信が可能になるかもしれません!

 

最後に

H31年1月からマイナンバーカードとICカードリーダライタが無くても、税務署でIDとパスワードを発行して貰えればe-taxが可能になります。(現在H30年)

あくまで、マイナンバーカードとICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な処置としてますが、こんなでは普及する筈がない。

ICカードリーダライタは3000円位しました。あと1年待てば良かった。

 

-経営

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.