肩・肘・手

Finkelstein testについて

更新日:

約10年ほど前から、以前より習っていたFinkelstein testというのは、実はEichhoff(アイヒホッフ)testという呼び名であるというのは、周知のことだろうと思います。

Eichhoff testは患者が自身の母指を四指で握り込み、術者が手関節を尺屈させるというものであり、

 

Finkelstein testはどのようなテスト法であるのかというと、術者が患者の母指を尺側方向に引っ張ることで、手関節も尺屈させて疼痛の有無をみるという検査法になります。

古典のFinkelstein test

私自身も知らなかったのですが、「教科書に載っているFinkelstein testが本来のものと異なっている」

と言うのです。

先日、整形外科勤務時代の先輩に会った時に教えてもらいました。

実は、母指を長軸方向に引っ張るのが本来のFinkelstein testであり、このテスト法で痛みが出れば、間違いなくデカルバン病と言えると言うことです。

しかし、

『痛みが出なくてもデカルバン病である場合がある』

と言うテスト法になりますので、くれぐれも間違えないようにしなければいけません。

-肩・肘・手

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.