股関節・膝・足

骨盤のズレ

更新日:

一般的に骨盤が歪んでいるとされるのは、仙腸関節と恥骨結合の部分のことになります。

仙腸関節は動いても2〜3mm程度です。

骨盤輪不安定症以外にグラグラしている人はいません。

骨盤の歪みというものは民間の医療機関で過剰に患者さんへ伝えられて、患者さんも過剰に反応してしまっているのです。

医師は骨盤のズレをどう思っているのか?

医療のプロである医師の先生方は

「骨盤が歪んでいる」

と言う表現は絶対にしません。

もし、言われたことがあると言うのであらば、それは骨の形に形態異常があると言うことです。

医師の先生は骨盤に徒手的に治療しないのかと言うとAKA法という徒手療法をされる先生もいます。

※AKA(Arthrokinematic Approach):関節運動学的アプローチとは博田節夫(はかたせつお)先生によって、関節運動学に基づいて関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法です。

この方法以外にも徒手療法はあるかもしれませんが、1番知られている方法です。

力を必要とせず、関節を鳴らしたりもしません。

骨盤には誰でも多少なり左右の開きや傾きの違いを持っています。

そこでAKA法で関節にアプローチすることで、関節の正常な位置関係と動きを取り戻すことで余計な緊張が取れて痛みもなくなるということです。

骨盤周囲の筋力トレーニングが大事

しかし、民間でもともと痛みが無い場合や、痛みが身体の違う部分で出ている場合にでも、無理やり原因が骨盤にあるとされて矯正治療を受けたりします。

一時的に関節の正常な位置関係と動きを取り戻しますが、また元に戻ります。

これは、骨盤の左右の開きや傾きを異なるようにさせている筋肉の左右の不均衡を直していないからです。

例えば、男性には分からないことかもしれませんが、女性はスカートがズレるのが悩みです。

ズレる方向は決まっているので、今日は右回りとかこのスカートを履くと左回りということは無いです。

このズレる原因は骨盤周りの動きに左右差があるためです。

知らずのうちにフラフープを回すような動きになっているという訳です。

人は誰しも独特な動きはありますし、利き手、利き足があるので左右全く均等に行動はできません。

そこで、過剰に動いたり、動かなかったりしている部分を見つけてもらい自覚するのがバランス治療には必要です。

治療

「simple is best」で骨盤周囲の筋肉をまずはリラックスさせて、活動に必要な筋肉と左右均等な筋肉のバランスを整えるだけで、徐々に身体は回復します。

-股関節・膝・足

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.