股関節・膝・足

腓骨筋痙性扁平足 Accessory talar facet impingementによるもの

更新日:

 

腓骨筋痙性扁平足は思春期に発症する事が多く、

”足根骨癒合症や足根洞症候群などによる疼痛を回避しようとして起こる反応”と考えられています。

Accessory talar facetは、距骨のposterior facetから連続し距骨の外側突起前方で踵骨とfacet構造を作ったものです。

 

頻度的には男児に多く見られて、小さいものを含めれば稀ではないようです。

思春期に体重と運動量の増加が、踵骨の外返し動作においてAccessory talar facetにおける負荷を増大させることになり、疼痛が生じて腓骨筋痙性扁平足を発症させます。

 

治療法

腓骨筋の短縮が強くて足部の回外が困難な場合には、足根洞部への注射後に回外位でのギプス固定などがなされます。

-股関節・膝・足

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.