神経

帯状疱疹と神経痛

更新日:

 

以前勤めていた整形外科では、高齢の患者さんが多く、

帯状疱疹を汗疹あせもと勘違いしていた人が多かったです。

私達スタッフに症状を伝えてくれた時には日にちが経っていて、皮膚に跡が残ってしまった人もいました。

医療者側は、見逃すことないよう患者さんに適切なアドバイスをしなくてはいけません。
帯状疱疹は水痘と同じヘルペスウィルスの感染によって起こります。

免疫のない状態での感染が幼児の水痘で、免疫のある状態での感染が成人では帯状疱疹となってあらわれます。

 

危険因子

年齢が50歳以上、性別では女性、季節は夏といったものがあります。

ヘルペスウィルスは水痘が治った後でも体に潜んでいますので、免疫が落ちた時にウィルスが活性化されて帯状疱疹が発症します。

 

帯状疱疹が出る数日前には、発熱、だるさそれぞれの神経に沿って痛みが出ます。

そして皮膚に赤い小さな点のような発疹が出て、ついで水疱になります。

水疱は最初透明ですが、しばらくすると濁りかさぶたのようになります。

肋間神経、三叉神経、坐骨神経などに神経痛が出やすいです。

帯状疱疹が治った後も神経痛が残り、帯状疱疹後神経痛になることがあります。

 

帯状疱疹後神経痛になる原因

原因はよく分かっていませんが、皮疹が強かったりする場合になるようです。

痛みは強く夜も眠ることができなくなります。

この痛みは持続的な痛みと間欠的な痛みに分けられます。

持続的な痛みは焼けるような疼くような痛みがズキンズキンと表現されます。

間欠的な痛みは鋭い走るような痛みが電気が走ると表現されます。

そいて、この2種類の痛みが混在することが多いようです。

この痛みの変化は、急性期の痛みは炎症による侵害受容性の疼痛が中心で、神経障害性疼痛も早期から発症します。

炎症は徐々に消失していき、神経障害が主な疼痛の原因となり、難治性の帯状疱疹後神経痛へと移行します。

障害された神経は帯状疱疹後より変性が起こりますが、急性期から亜急性期にかけては可逆性の変性ですが、これが不可逆性となり難治性の帯状疱疹後神経痛に移行します。

 

治療

神経内科、脳外科、麻酔科、ペインクリニックで対応可能とされています。

処方される薬は、三環系抗うつ薬や抗痙攣薬、オピオイド、カプサイシンパッチなどです。

コルチコステロイドは帯状疱疹の急性期の疼痛は軽減することがあっても、帯状疱疹後神経痛を予防する効果は無いそうなので、処方されたのであればもう一度受診した方が良さそうです。

-神経

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.