釣り

ワームで釣ることにした

更新日:

YOU TUBE動画で

どうしても釣りたい人のワームというのを見ました。

ワームは使い方とかは全然詳しくないので敬遠していたのですが、

使用するフックの種類、

ワーム、

フックの付け方、

動かし方を

とても詳しく解説されていたので、

これなら自分にもできそうだ、という事で、

トップウォータで絶対に釣りたいという想いから少し脱線して

ワームでの釣りに浮気してみることにしました。

紹介されたワームはゲーリyamamotoのヤマセンコー4インチ。


ゲーリーヤマモト 4インチ ヤマセンコー 343/000N

フックはキロフックの#1です。


カツイチ(KATSUICHI)デコイ キロハイパー ワーム13 1

ノーシンカー(重りをつけないこと)で釣ります。

ワームの比重が高いのかノーシンカーでもよく飛びます。

着水したらすぐに動かさないで底までフォール(落とす)させます。

底に着いたかどうかは私の腕では分かりませんが、

頃合を見て竿をスーっと動かし、

ライン(糸)がたるんだ分だけ巻き取る作業を繰り返します。

しばらくこの動きを続けていると、

竿先に

”ゴンッゴン”

という当たりが。

ちょうど竿先を動かしている時になったので

それがフッキング(魚が食いついた瞬間に合わせて針を口に引っ掛ける動作)

になったのでしょうか、ブラックバスがかかりました。

その時はスピニングのリールを使っていたのでしたが、

ジージーとドラグが鳴り、巻いても巻いても巻けません。

後から聞いた人の話ではきっとドラグが緩んでいたのではないかということでした。

格闘すること2~3分、もっと長かったかもしれませんが、

ブラックバスを釣りあげることに成功しました。

大きさは計測していませんが、軽く40cmはあったかと思います。

今までで釣った中で一番大きいブラックバスでした。

写真に収めましたが実物より小さく見えてしまっているのが残念。

釣り上げたことに満足し、

しばらくワームに浮気してもいいかなと思ってしまいました。

-釣り

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.