ポルトガル語学習

 

ポルトガル語を学習しようとしたきっかけは、私が往診に行っている地域にブラジルから来た方が多いからです。

つい先日も、往診している医療機関にブラジル人が受診しに来ていました。

(その医療機関では、内科なども診ています)

いつか機会があれば患者さんとコミュニケーションを取り、学習させてもらえる機会があるのではと考えたからです。

語学の基本は毎日触れること。

『一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。』

 

まず覚えたもの

基本はアルファベットの読み方。英語とは違うので英語読みにならないように気をつけます。

挨拶の丸暗記。まずは暗記から入りました。おいおいこれが何ていう意味か分かるようになります。

【例】おはよう→bom dia(良い+日)

➡︎ポルトガル語のアルファベット

➡︎ポルトガル語の挨拶

➡︎ポルトガル語で数

➡︎ポルトガル語ですいません・ごめんなさい➡︎

➡︎ポルトガル語の短い会話文

➡︎ポルトガル語でお願い

➡︎ポルトガル語で今日・明日

➡︎ポルトガル語で日付け

 

その後は、主語、動詞とそれに続く文型を学習しました。学習の仕方は英語と同じだと思いますが、「私は話せること」を重視したので、文を読んだり書いたりはしていないので、単語の綴りは良く覚えていません。

主語

英語での人称代名詞は、I、You、He、She、We、You、They、など

英語での指示代名詞は、It、This、That、など

で、それに対応するものがそれぞれポルトガル語にもあります。まずはそれらを丸暗記します。

ポルトガル語の人称代名詞

ポルトガル語の指示代名詞

 

動詞

動詞は主語によって活用します。英語のようにーsといった活用でなく複雑です。

規則動詞(語尾の活用形に規則がある)と不規則動詞(語尾の活用形に規則性がない)の2つがあり不規則動詞を覚えれば規則動詞は攻略できます。

規則動詞(ーar、ーer、ーir)で終わるもの

そしてbe動詞

そして基本覚えなくてはいけない動詞があるのでそれらを覚えます。

覚えなくてはいけない規則動詞以外の動詞

 

文型

ポルトガル語の文型は英語と似ていて、

主語+動詞〜が基本です。動詞の後には名詞、形容詞、目的語(➡︎ポルトガル語の目的語代名詞)が置かれます。

この時、主語が明らかな場合には省略されます。

【例文】

私は学生です。
(Eu)Sou estudante.

疑問文

疑問文は肯定文と同じになり、書く場合には語尾に「?」が付き、会話では抑揚で表現されます。

 

疑問詞がつくもの

英語と同様に『いつ、どこで、誰が、なぜ、何を、どのように』といった疑問詞があります。

➡︎ポルトガル語の疑問詞

➡︎ポルトガル語で尋ねる

 

否定文

否定文は動詞の直前にnãoが置かれるだけです。

 

現在進行形

現在進行している動作・状態を表します。

➡︎ポルトガル語で進行形

 

受け身(受動態)

動詞の過去分詞形も覚えて作ります。

➡︎ポルトガル語の受動態

 

現在完了形

〜したことがあるといった経験を述べるときに使います。

➡︎ポルトガル語で「〜したことがある」

 

関係代名詞

英語では2つの文を1つにまとめる時などに使われます。

➡︎ポルトガル語の関係代名詞

 

仮定文

英語のifになるものがポルトガル語ではseになります。

➡︎ポルトガル語で仮定文

 

許可・依頼

➡︎ポルトガル語で許可・依頼

 

比較級・最上級

➡︎ポルトガル語で比較級

➡︎ポルトガル語で最上級

 

 

名詞

名詞には文法上の”性”があります。これがポルトガル語をマスターする障壁になっています。

人間や動物の他に、職業、国籍、物に「男性名詞」と「女性名詞」があります。

例外もありますが、ーoで終わるのが「男性名詞」でーaで終わるのが「女性名詞」です。

男性

【例外】自然性が男性であるもの
父pai(パイ)青年rapaz(ハパース)

【例】
本livro(リーヴロ)車 carro(カーホ)

女性

【例外】自然性が女性であるもの
母pai(マンイ)若い女性moça(モッサ)

【例】
家casa(カーザ)財布 carteira(カルテイラ)

 

単数・複数

「単数」「複数」形がありますが英語と同じで

sをつけるだけのもの

【例】
carro→carros

 

ーr、ーs、ーzで終わる名詞はesをつけます。

【例】
rapaz→rapazes

 

おさえておきたい名詞

➡︎ポルトガル語の名詞100

➡︎ポルトガル語で家族

➡︎ポルトガル語での食事

➡︎ポルトガル語で身体

➡︎ポルトガル語の曜日

➡︎ポルトガル語の○月

➡︎ポルトガル語で場所、方向

 

冠詞

特定の人や物を限定する時は名詞の前に定冠詞をつけます。

ある1つの、いくつかの、およそなど不特定の名詞には不定冠詞をつけます。

それぞれ、「男性名詞」「女性名詞」そして「単数」か「複数」かでつく冠詞が変わります。

この定冠詞に女性名詞につくもので、aとasがあります。英語学習者は混乱させられます。

定冠詞

男性名詞
単数:海 o mar(マール)
複数:イヤリング os brincos(ブリンコス)

 

女性名詞
単数:山 a montanha(モンタンニャ)
複数:靴下 as meias(メイアス)

 

不定冠詞

男性名詞
単数:1匹の猫 um gato(ガット)
複数:数匹の猫 uns gatos(ガットス)

 

女性名詞
単数:一個のバッグ uma bolsa(ボウサ)
複数:いくつかのバッグ umas bolsas(ボウサス)

 

➡︎ポルトガル語の冠詞

形容詞

名詞を修飾するのが形容詞です。英語とは異なり名詞の後に置かれます。

名詞 + 形容詞

【例】
新しい車
carro novo(カーホ ノーヴォ)

そして修飾する名詞の「性」「数」によって変化します。

 

男性名詞
単数:かっこいい男の子 garoto lindo(ガロット リンド)
複数:かっこいい男の子達 garotos lindos(ガロットシュ リンドス)

 

女性名詞
単数:かわいい女の子 garota linda(ガロッタ リンダ)
複数:かわいい女の子達 garotas lindas(ガロッタシュ リンダス)

 

更新日:

Copyright© bonesetter's note , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.